戻る 次頁


3.MILスペックとMIL規格とは違うのですか ?


MILスペックは正式にはMilitary Specificationといい、直訳すると「米軍仕
様書」です。開発や調達するために要求に合った品目や材料、手順や役務
についての技術要求を記載したものをいいます。また表記方法も定められて
いて、例えば、表題(Title)、概要(Scope)、適用文(Applicable Document)
・・のように順番に表記されます。スペックは個別プログラム(契約)毎に適用
されるのが一般です。米国内だけでなく、世界中にある陸海空の米国の軍事
施設で用いられるすべての物品やサービスはMILスペックで賄われていると
いっても過言ではありません。

一方、MIL規格は正式にはMilitary Standardといい、いわゆる「米軍規格」
です。計測が可能で、比較検討できるように記された評価基準のことをいい
ます。MILスペックとは違い、ひとつのMIL規格は適用文書としてさまざまな
ケースで採用されます。ですから、数の上では圧倒的にMILスペックが多い
のです。